鼻の整形(鼻形成)と聞くと、「えー、人工のもの入れてシャキーンとした鼻にするの?」とか、「パッと見てバレるくらい高い鼻でしょ」とか皆さん最初の印象としては、あまりいいイメージがありません。その割に、日本語を見てみると、「団子鼻」「わし鼻」「魔女バナ」「ポット鼻」「あぐらをかいだ鼻」など、悪口は数多くあれど、褒める表現が「シュッとしている」とか「すらっとしている」とか極めて限られています。これは、アジア人の我々は進化の過程で鼻を小さく、そして皮膚を分厚くしてきたのですが、一方で憧れを持つ西洋人のお鼻とはかけ離れていることから言語も影響を受けていると思います。みなさんお気付きのとおり、世の中には、実はお鼻の手術を受けている人がたくさんいます。大手美容外科クリニックだけでも年間1万件ほど施術を行っています。また、有名な方々も実はお鼻の形を変えた、というのはSNSでもホットトピックとして上がってきます。では、そういった方々がいかにも「やりました!」といった形に仕上げているのでしょうか?正解は、『No』です。つまり、バレにくいくらい自然に仕上げることで、コンプレックスを解消し、元々そんな形として生まれてきたかのような状態を作り出すんです。これが最先端の鼻形成です。ここでは、鼻の整形を受ける前に知っておくべき疑問や考え方、リスクなどもつつみ隠さずお答えしていますので是非参考にしてください。