contouring surgery おとがい形成

アゴを5mm短くしたいけど、
どんな施術をするべきか?

山口憲昭

アゴを5mm短くしたいけ場合どの施術を受けるべきか分からないです。
骨格にアゴ以外のコンプレックスはなく、アゴも特別長い訳ではないのですが、笑うと少しアゴが長く見える程度です。

アゴが5mmほど短くしたい状態ですね?
アゴって言ってるのは多分この唇より下の部分のことを言ってるのかな?
アゴというのは正確には鼻の横やエラ部分もアゴなんですけど、一般の方が言ってるアゴは唇より下の部分が短くなればいいと言ってるのではないかな?

山口憲昭

これでいくと、5mm短くするというのは、顔においてどんなもんかと、メジャーで5mm計るとすごくちっちゃく感じると思うんですけど、骨で5mm短くしたらもう別人になるんです。
もうめっさ童顔になります、めっさたるみます。

なので、骨5mmっていうと、むっちゃ多いと僕の感覚では思うんですけど、多分一般の方が感じてる5mm短くなるだから、ほんとうに5mmじゃなくてもいいのかなという気もするんですけど、そもそも骨格にアゴ以外のコンプレックスもなく、アゴも特別長いわけではないので、笑うと少し長く見える程度です。
笑った時にアゴが長く見えるというのがキーワードなのかなという気がしてて、骨までせんでええんちゃうという気はします。

山口憲昭

なんでかって言いますと、ここ(アゴ先)のことをみんなアゴと思ってるんですけど、骨と軟部組織の間に少しギャップがあるんですよ。
要は、骨の上に柔らかい組織が乗ってますので、その柔らかい組織の分っていうのが割とだるんと垂れ下がって重くなってということがあり得るので、そこにオトガイ筋という筋肉があって、こいつが結構発達してたりという場合があるので、その場合はボトックスだけ打ってアゴが短くなったと感じる方もあるんです。

なので、アゴが長いイコール骨せなあかんと言ったら必ずしもそうじゃないし、軟部組織をさわるためにボトックスという選択肢もあると思うんですけど、もしほんとうに骨をするという場合、ここをパスーンって切ればええやんっていうと必ずしも簡単な話ではなくて、エラからアゴ先オトガイまで、基本一直線が綺麗なんです。

山口憲昭

ここがボコボコってなってると、なんか変な形に見えたり、それこそ笑ったときにくにゃくにゃと不自然になったり、専門用語で言うとニジカクといって途中エラみたいに見えてしまうことがあるんです。
アゴを短くしたいからオトガイ形成で短縮してここだけ切りますよといって切ったら、前から見た時に短くなってるんですけど、横から見た時にエラとアゴの間にもうひとつエラがあるようにカクカクとなって結局他も切らなあかんやんとなるわけです。

なので、5mm短くしたいというのが、どういう顔になりたいのというのを決めてからの方がいいとおもうんですけも、単純にアゴ先を短くしたいからオトガイを短縮するだけではないというかんじです。
骨の治療というのは土台の部分になってきますので、結構顔の印象が変わってしまいますから、その辺は実際診察をして、ベストな選択肢を判断した方がいいのかなと思います。

  • まとめはこちらをクリック

    顎先を5mm短くできる施術とは

    お顔の骨で顎以外の骨格にコンプレックスがなく、顎が特別長いわけでもないが5mm程度少し顎を短くしたい。というちょっとだけ変化させたい場合に、何の施術を選択するべきか。

    我々外科医で言う「顎」と言うのは正確には鼻の横や、エラの部分も顎と言います。おそらく「少しだけ顎を短くしたい。」の、「顎」は正面からお顔全体を見たときの「顎先」の部分を指しているのだと察するのですが、「5mm短くする。」と言うことが、組織が全部乗っている状態での5mmと、骨だけで見たときの5mmだと全く別人レベルの違いになります。

    骨の5mmと言うのは外科医的には大変多い感覚なのですが、 たぶん一般的な話で「5mm短くしたい。」というのは、組織も乗った上での5mmなので、正確にきっちりメジャーで測って5mmという話ではないと思うのです。 要するにバランスですよね。 なので骨の手術をするほどではないように思います。

    この顎先ですが、顎先全部が「顎の骨」だと思っている方が大半だと予想します。実は顎先は骨と軟部組織の間に少しギャップがあります。

    ギャップというのは隙間だったり、割れ目のことを指しますが、 要するに骨の上に柔らかい組織が乗っていて、その柔らかい組織が重く下がっている場合や、オトガイ筋という筋肉が発達している場合があるので、そういう方はボトックスを打ってみると顎が短くなったように感じることがあります。

    なので、一概に顎が長いとか、顎を短くしたいというときに、必ずしも骨の施術をしないといけないわけではありません。

    もし骨の施術を考えているなら、顎先だけをスパッと横に切って短くすればいいという簡単な話ではなく、エラも操作する必要があります。

    基本的にエラから顎先、オトガイまで一直線のラインが美しいとされるので、顎先だけスパッと切ってしまうと、エラからのラインが崩れ、ボコついたり、元の位置にあるエラの角以外に、新しい位置に角ができる二次角ができてしまう現象が起きます。

    顎先を短くしたいからといって、オトガイ形成で短縮して顎先だけ切りますよとなると、正面から見た際は短くなるのですが、横から見たときに元々あったエラと、顎先のラインの間にもう一つ角ができてしまい、カクカクとした不自然な形になってしまうので、滑らかに顎のラインに繋げるためエラも切る必要が出てきます。

    なので「5mm短くしたい。」というのが、どういうお顔の印象になりたいのかを決めてから施術を考える必要がありますね。

    少し短くしたいだけなら、ボトックスの選択をしても良いと思いますし、骨の治療となればお顔の土台の部分になりますので、お顔全体の印象が変わります。
    なので少しだけ変えたいという場合も実際診察を受けてから、ベストな選択肢を判断するべきだと思います。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約