facial implants for nasolabial fold 法令線プロテーゼ

ほうれい線ゴアは
鼻中隔延長と一緒にするの?

山口憲昭

法令線が気になっているので、山口先生のやっている法令線ゴアテックスをやりたいのですが、他のクリニックでは鼻中隔延長と一緒でないとやりませんと言われました。

また三角の二つを入れるわけではなく、鼻の下が繋がっているタイプの一つのオーダーメイドで作ると言われたのですが、山口先生の法令線ゴアテックスはどうですかという質問をいただいてます。

山口憲昭

鼻中隔延長と一緒にやらないといけないというのは、恐らくですね 結構この辺を、もっとこの辺を(鼻下)をもっと出してくるような手術をするからその状態なら鼻の高さが低くなって、鼻が埋もれちゃうよところなんじゃないですかね。
ただ、法令線が気になっているのは、別にこの鼻の下A N Sの部分が高いわけではないので、 この鼻の下に通してくるというのは、全員が全員、必要にはならないと思いますね。

僕は、法令線のゴアテックスに関して、基本的にはその人に応じて削って形を変えてるので、必ずしもこういう形というのはないんですけど、普通は、法令線のここの部分(小鼻のきわ、法令線のくぼみ部分) ここ(目の下鼻の横)の高さと歯槽骨の高さと違いが出てきてるところを上げてきてるだけなので全部ぐるっと繋いでっていうのは必要ないというか、僕はやらない。

山口憲昭

ただ、ここ(鼻下)の高さを出したいというのであれば、別の手術の方法がありますが、あくまで法令線が気になっててという@@さんのスタートラインで行くと鼻中隔延長を入れなければならないとかここを入れなけれがいけないとなるとだいぶ色んなことが変わってしまうので、僕は気をつけた方がいいのかなという風に感じます。

  • まとめはこちらをクリック

    ほうれい線ゴアテックスは
    鼻中隔延長とセットなの?

    ほうれい線が気になるというお悩みで、ほうれい線の段差を緩和するためにゴアテックスを入れるという施術があります。

    鼻中隔延長とセットにする必要はなく、ほうれい線はほうれい線単体で施術可能です。

    鼻中隔延長を一緒にやらないといけないケースというのは、ゴアテックスを入れる際に鼻の高さが低くなってしまって、鼻が埋もれてしまうから鼻も高くしましょうという意味だと思いますね。

    それからクリニックによっては大きいゴアテックスを1枚鼻の下に通すという施術をしているところもあるようですが、ほうれい線が気になっている=ANS(口輪筋の前鼻棘)が高いわけではないと思うので、ゴアテックスを鼻の下に通すというのは必ずしも必要ではないと思います。

    ほうれい線ゴアテックスに関しては、基本的に患者さんに応じて削って形を整えているので一定の形ではありません。
    通常、ほうれい線というのは鼻翼基部が地盤沈下のように沈み込んでいて歯槽骨と段差ができているという状態なので、そこの段差の部分を埋めてあげるだけで良いと考えます。
    なので鼻の下をぐるっと繋ぐ入れ方は、私はやらないですね。

    診察してみないとわからないですが、あくまでほうれい線が気になっているということであれば鼻中隔延長をしたり、鼻の下にゴアテックスを通す必要はないと考えます。

    鼻中隔を触るとお顔の見え方が変わりますので、ほうれい線が気になるだけで鼻中隔を触るというのは気をつけた方がいい施術だと思います。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約