OGS ASO,Lefort

ガミースマイルを骨切で治す方法

山口憲昭

『ガミースマイル・骨切り』とご質問を頂いてます。

ガミースマイルは色々と理由があるんですけども、皮の柔らかい部分と骨の長さがアンマッチで、要は骨の方が長い場合に、口がなかなか閉じれない、口を持ち上げないと口を閉じれないような方が「への字口」になって、笑った時に歯茎が見えてしまってのパターンもあれば、唇を持ち上げるような筋肉がやたら強いというパターンもあるんですけども、骨格性に長い場合ですね、骨切りをするというのはいわゆるルフォーの骨切りになってきます。

山口憲昭

上あごがついてる、歯がついてるところ全体を短縮して短くしてあげることによって、物理的に骨の中の構造を、エレベーターで言うと1階上にあげるみないた感じ、だから前歯が見える量が減って、ガミースマイルの見える量が減ってという感じですね。

なので、基本の施術は、ルフォーの施術の短縮ということになってきます。一方前歯が前方に出てるせいでガミーが出てるパターンって顔の長さはそんなに問題ないよってパターンもあるんですけど、その場合はルフォーでも当然治せますし、いわゆるASOですね、歯を抜いて下げてくという手術でも治せます。

山口憲昭

抜糸矯正をして前歯を下げるっていうのと、セットバックですね、ASO、前方部分節骨切り手術で歯を抜いて下げるのと、効果の違いはあるの?というと、歯の並びでいえば大きな違いはないんですけど、鼻の付け根ですね、ここにANSっていう骨があるんですけど、軟骨の これが骨を切った場合には後ろに下がります。

なので、ASOをして口元を下げた場合には、鼻がちょっと高くなったように見えますという効果があります。

山口憲昭

なので、『ガミースマイル・骨切り』っていうご質問でいきますと、回答としては、骨が長い場合、もしくは口元が出っ張ってる場合によって、ルフォーであったりとか、ASOセットバックであったりがありますよ。

ただ一般の方が思ってるように、ガミースマイルだけが治るのといえばそんなことはやっぱりなくて、骨の歯の部分の移動というのは色んな部分が一緒に変わってしまいます。
なので、決してガミースマイルが気になって顔の印象は変えたくないのって場合には、骨切りが必ずしもベストなアンサーになってるかといえばそんな事はないと思います。

山口憲昭

結構色んな部分が変わります。
例えばルフォーを切って短縮した場合には、お顔は童顔顔に変わります。
お顔がちっちゃく丸くなった感じ。

山口憲昭

シャープなお顔の方が多いんですけど、そういうお悩みの方って、長くてシャープでってのが丸くなっていくと、やっぱり幼い顔になっていきますので、そういう風になりたくないんだっていう方は、この手術は適用ではないというところなので、悩んでる問題を治すために、それをやったら他の部分に違う問題が起きる可能性があるのは知っといた方がいいかなと思ってます。

以上、『ガミースマイル・骨切り』に対するやまぐちの回答でした。

  • まとめはこちらをクリック

    ガミースマイル骨切り手術で治す方法

    ガミースマイルとは、歯茎や歯肉を意味する英語「gum」の形容詞「gummy」からきており、一般的には笑った時に歯茎が目立つことを「gummy smile(ガミースマイル)」と呼んでいます。

    ガミースマイルになる理由は色々あるのですが、主に上顎の皮膚の柔らかい部分の長さと、お顔の骨の長さがうまく合っていない骨格が原因のパターン。

    歯が低い位置に生えている場合で歯と歯茎の境目の位置が下がるため歯茎が長くなったようになり、笑った時に歯茎が見えてしまうパターン。

    上唇を持ち上げる筋肉が過剰に発達し、筋力がやたら強いパターン。

    などがあるのですが、骨格的に長い場合は骨切り手術の中でも選択するのはいわゆるルフォーの骨切り手術になります。

    ルフォーとは上顎短縮骨切り術(LeFort I型)のことで、上顎全体(歯のついているあたり)を短くしてあげることによって、物理的に骨の中の構造を1段階上に上げるような感じで短縮します。

    歯茎の露出が軽度の場合は歯茎の上の粘膜を切除し見えにくくしたり、歯茎部分の骨自体が前に出ているだけではなく、お顔の長さが縦方向にも長い場合はルフォー(Lefort I型)の骨切りが適用となります。

    上の歯茎のあたりが全体的に短くなるので、見える歯茎の量が少なくなりガミースマイルが改善されます。

    一方、顔の長さは問題なく、前歯が前方に突出し歯茎が出ているパターンは、ルフォー(Lefort I型)でも治せますし、ASO(下顎前方部分節骨切り術)という歯を抜いて後ろに下げる。という手術でも治せます。

    抜歯矯正をして前歯を後ろに下げるという施術と、セットバック(上顎・下顎前突同時手術)やASO(下顎前方節骨切り術)で後ろに下げるのは、効果の違いがあるのか?というと、歯並びでいえば大きな違いはないのですが、 鼻の付け根にある前鼻棘(ANS)という軟骨が、骨切りの際に後ろに下がるので、鼻が少し高くなったように見えます。

    ただ骨切り手術でガミースマイルだけが治るかといえば、そうではなく、骨の移動というのは色々な部分が一緒に変わってしまいます。
    ガミースマイルは気になるけれど、お顔の印象は変えたくない場合は、骨切り手術が必ずしもベストアンサーとは限りません。

    当然、骨を動かすので、お顔の形も変わります。
    例えばルフォー(Lefort I型)で短縮手術を行うと、お顔はどちらかというと童顔寄りになります。

    元々ガミースマイルの方はシャープなお顔立ちのことが多いのですが、お顔が長めでシャープないわゆるキレイ系の顔立ちから、丸く幼いお顔になっていきますので、お顔の形が好みでない場合はこの手術は適用ではない。となります。

    悩んでいる問題を治すための手術が、その悩みの部分だけではなく他の部分にも違う影響が出るということは知っておいたほうが良いでしょう。

    切った後からでは戻せないので、事前にしっかりと知識を持っておくことが大切です。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約