BLEPHAOPLASTY 全切開二重術・眼瞼下垂術

ハム目になる理由と予防する方法について!

山口憲昭

先日鼻の同じような手術をした時に、出来上がる形が違いますよというお話をしたんですけど、今回は目の話です。
いわゆる全切開の手術ですね、目を切って二重をするとか目をパッチリ開くとかいう手術なんですけども、これも修正の多い治療の1つでして、同じように全切開二重術、眼瞼下垂デカ目術みたいな手術を受けているのに、仕上がりがなんでこんなに違うのかというところについてお話したいと思います。原因としては大きく3つあります。

山口憲昭

1つめ、これは「デザイン」ですね。

よくデザインが違うとか間違えてるっていう話をするんですけど、これについて簡単な図を見ましょう。
目を開ける眼瞼挙筋という筋肉がいてそこから膜がビヨーンと伸びてて、ここに瞼板という軟骨みたいな硬いのがあってここが繋がっている。
目が開くというのは筋肉が縮んで膜が引っ張られて目が開くよと一般的には連動して動いているわけですども、二重になる人というのがビヤーンと引っ張られた時この辺の繊維も一緒にピョンピョンピョンと引っ張られまして凹むというのが二重の人。

山口憲昭

一重の人っていうのはこの部分がビヤーンと引っ張られてるんですけど、お肉がピローンと乗っかってこの辺の繊維には引っ張られずに皮膚が折り畳まれるっていうのが一重の人ですよって話は一般的によくする話ですね。
それに対して、全切開する時のデザインの話にいきますと、例えば目が開いてる時の状態を考えてもらうと、この辺が引っ張られると中になんとか入っていくわけですけど、あんまり上の所で切ってしまうと中にグッと入っていけなくなるわけですね。

山口憲昭

この辺がギュッギュッギュッギュっと引っかかってしまうと、なので目をパッチリ開けていく時にこの部分ていうのは目の中にギュッと入っていかないといけないのに、入っていけなくてストップされるという状態になるので、いわゆる眼瞼下垂みたいに手術を、挙筋前転という膜を強くする手術をしても目がなかなか開かなかったりとかですね、眠たいような目になってしまういわゆる「ハム目」ですね、目の上のこう(皮膚が)残ってしまうなことが起きてしまう。
なので適切な高さで切ってあげないと、どんなにこの辺の筋肉を補強してあげてもなかなか綺麗な目にならないというところがデザインの話になってきます。

ということで、デザインとしては一人一人瞼板のサイズとか目の上の骨の出っ張りが違うので、どこまで切れるのかって人によって違うんですけどその辺を診察で見極めて、その人がなりたい目と出来る目との判断をしていかないといけないところがデザインの難しさってところが1つですね。

山口憲昭

2つめ、これは「出血」です。

手術中に出血をするというのは当然普通に人間の体ですからね。
当然あらゆるところに血が通ってるわけですから、普通に切ってあげれば血が出てきて腫れあがるみたいなことが起きるわけですけども、これを局所麻酔の注射とか、もしくは血を止めるような道具を上手に使いながら手術中に出血をさせないというのがすごく大事なポイントになってくるわけです。

例えば局所麻酔の注射ひとつにしても、内出血をしにくいような注射の仕方っていうのがありますので、丁寧にしてあげることによって手術中に出血しにくいと。

山口憲昭

出血すると何が良くないかというと、色んな組織が腫れあがりすぎて細かい調整ができないんですね。
例えば手術中に右側だけ内出血おこしてバーンと腫れてしまったという方の場合は、残念ながら左右対称に作るっていうのは手術中に評価出来ないってことになってしまうわけです。

なので、なるべく丁寧な手術をして、内出血をさせないと、それで右と左を同時に手術を行う場合には環境を整えてあげて、なるべくスムーズに評価をできると。
術中も僕の手術を受けておられる方の場合には皆さんご存じだと思いますけど、完全に目を覚まして見てもらうんですね。

山口憲昭

自分の目を見て頂いて、どれくらい目を開けますかと本人さんにも聞くんですけど、その段階でもう目がパンパンに腫れて開かなかったらなんの評価にもならないですよね。
なのでその段階でもパッチリ開くような形になりますので、そこらへんの出血をさせない。

あわせてちょっと専門的な話になりますけども、いわゆるエピネフリンていう血を出にくいようにするような局所麻酔に入ってるお薬があるんですけども、そのエピネフリンを深い層に入れてしまうと余計な自律神経が収縮してこれも判断が難しくなってしまいますので、エピネフリン入りを深い所で使わないというのもポイントになってきますね。

山口憲昭

3つめ、「手術時間」です。
人間の体っていうのはやっぱり時間が経過してくるとともに、お薬の影響って広がっていってしまうんですね。例えばバーンって(頭を)ぶつけましたって時にたんこぶみたいなんがありますよね。

あれもぶつけた瞬間から腫れてるっていうのはまあよっぽどじゃないとないですよ。

血管が破綻して中の血液が漏れてないとないんですけど、普通は腫れてジワジワ~っと腫れてきて、次の日、次の次の日ぐらいに一番ボーンと腫れてるという状態になるんですね。
これは人間の体が怪我をしたよ、ぶつかったよという反応の後に「治そうぜイェーイ」っていって、身体からサイトカインっていう色んな物質を出して傷を治すスイッチをオンにしていくんですね

山口憲昭

なので手術時間がやっぱり早い方がいいんですよね。

丁寧な手術をしながら、余計な出血もさせずに、なるだけ早い時間で手術を終えてあげるというのがすごいポイントにはなってくるんですけど、これが例えば目の手術だと全切開の手術で言えば、大体かかって1時間半とかぐらいまでじゃないでしょうか。
目を開けるとこの評価まででいえば30分位でその状況までいけるんですけども、そこまでの間に勝負なんですね。

山口憲昭

なのであんまりチンタラ手術をして丁寧にしますからというので2時間も3時間も時間をかけてると目がやっぱり腫れてきますので、そうすると2つめの話でいったら出血とか腫れなんかと同じように分からなくなってくるんですね。

なので手術時間もポイントになってくるというところで、自分が受ける先生に一度そういうふうな話を聞いてみるというのも一つポイントになってくるかなと思います。
手術をする側のお医者さんもその3つに気を付けて頂くと、それだけでも自分の行ってる目の手術のクオリティというのはグッと上げることが出来ますので、是非ともこの3つ、実をいうともっとあるんですけど、シンプルにいうとこの3つ(デザイン、出血、手術時間)に気を付けて手術をしてあげて欲しいし、その3つに気を付けてる先生の手術を受けて欲しいなと思います。
ということで、同じような全切開、眼瞼下垂なのになんでこんなに結果が違うのかというところには、こういうふうな色んな要因があるとということを知っておいてくださいね。

  • まとめはこちらをクリック

    【解説】ハム目になる理由と予防する方法

    全切開の目の手術は美容診療の中でも修正が多い治療の1つでして、全切開二重術、眼瞼下垂デカ目手術みたいな名前の施術を受けたことがあるのに、あれ?目の開きが悪くて目が小さいぞ。ということがよくあります。

    仕上がりに差が出るのはなぜなのか。今日はそこを解説していきましょう。

    一重まぶたと二重まぶたの構造の違い

    目を開ける動作は、まぶたに付着している眼瞼挙筋により引っ張られて目が開く動きとなるのですが、これは一重の人も二重の人も同じです。

    これが一重まぶたの場合は皮膚が厚めだったり、まぶたの脂肪が多いとしっかり持ち上げることができず目の上に皮膚が被さった状態になります。

    一方、二重まぶたの場合はまぶたと眼瞼挙筋との間に線維性の組織が続いているため、目を開いた時に一緒に引き込まれて皮膚が折り畳まれます。この折り畳まれた部分が二重ラインとなります。

    ハム目になってしまう原因

    1つ目。まずは「デザイン」です。
    よく全切開の時にデザインを間違えているからハム目になるんだという話をするのですが、二重はグッとまぶたが引き込まれて二重になりますがあまり上の方で切ってしまうと、目を開けたと時にうまく引き込むことができないのです。
    眼瞼下垂の手術のように、挙筋前転法で膜を強くする施術をしても目が開かなかったり、眠たいような目になってしまうのは切る位置が適切ではない、ということです。

    1人1人瞼板のサイズや、目の上の骨の出方が違うので、どこまで切れるのかは人によって違うのですが、これは診察でしっかり見極めて、患者さんのなりたい目や希望の二重の幅ができるのかを判断しないといけません。ここがデザインの難しいところだと思います。

    患者さんが幅を広くしたいという希望があってもその位置が適切ではないということもあり得るのです。なのでドクター側はしっかり見極められないといけません。

    2つ目。次に「出血に注意する」です。
    血が通っているわけですから当然出血はするのですけれど、これを局所麻酔の注射や止血する道具をうまく使って手術中になるべく出血させない工夫をする。というのがとても大事なポイントになります。

    局所麻酔の注射一つでも、内出血させにくい打ち方というのがありますし、丁寧にすることによって出血もしにくくなります。
    なぜ出血しないほうがいいのかというと、出血すると組織が腫れてしまい細かい調整が難しくなるのです。特に目は右と左とありますから、環境を十分に整えてスムーズに行わなければなりません。

    私が行う手術の場合は、必ず患者さんに目を覚ましていただいて、どのくらい目を開けますか?と自分の目で確認していただきます。手術の最中に確認をしてもらいますが、この時にもう目がパンパンに腫れていると、きちんと評価ができなくなってしまうのですね。

    なので患者さんに確認してもらう段階でぱっちり目が開く状態になっていないといけません。
    出血させないためにエピネフリン入りの局所麻酔を使うのですが、そのエピネフリンを深い層に入れてしまうと余計な自律神経が収縮してしまい、これまた判断が難しくなってしまうので、エピネフリンを深い層に打たないというところもポイントになってきます。

    3つ目。「手術時間」を長くかけすぎない
    人間の体というのは、時間が経過するとともにお薬の影響が広がってしまいます。

    人間の体が怪我をしたり、ぶつかったりするとサイトカインという物質が出て、傷を治すスイッチを入れていきます。これが神経伝達物質により血管を介して水分が広いところに移動し、これが浮腫となるのですけれど、手術しながらでも徐々にこの反応は起きているのです。

    なので時間がかかるとどんどん浮腫が出てきてしまうので、手術時間は早いほうが良い。ということになります。余計な出血はさせず、なるべく早く丁寧に行うということがとても大事なポイントになりますが、目の全切開手術で言えば1時間半程度ぐらいで収めた方が良いでしょう。
    目を開けて確認をしてもらうところまでで、約30分というところですね。

    手術をする側のドクターも上記3点に気をつけてみると、自分の行っている手術のクオリティをあげることができますので、まずはこの3つのポイントに気をつけて患者さんに手術をしていただきたいと思います。
    施術を受ける側の患者さんもこの3つのポイントに気をつけているドクターだと安心かと思います。

    仕上がりの差は、デザイン、出血、手術時間が大きく関係しているので、こういう要因があるということをぜひ知っておいてくださいね。

目元の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約