blepharoplasty 全切開二重術

二重手術後の左右差が
でた人からの質問。
二重は自然にもどるのか?

山口憲昭

「二重で眼瞼下垂の手術をして、幅も目の開きも左右非対称でおかしな目になりました。
先生に修正して欲しいです。
質問です。 眼瞼下垂手術で作った二重を元々の目、フラットな状態に戻すと傷は残るが食い込みがなくなる状態に戻すことは可能なのか教えてほしいです」という質問です。

綺麗になると思って手術受けたのに、幅が違ってきっと気持ちも凹んでんねんやろなと思いますけど、この場合外科医の方の対応ですよね。

山口憲昭

手術ってのはいつも話してるように、ブロックでこう何かを組み上げるって作業じゃないので、当然人が人の体を触る、神聖な領域を神聖な生き物が作業するという意味でいうと不確定要素がすごく大きくて、おかしな事が起きちゃったっていうのは決して先生が貴方をおかしくしてやろうと思うことなんかないと思うんですよね。
だけどそうなっちゃった時に、その先生とどういう会話になってて修正をするしないという話になるのかなというところが一番大事ですよね。

山口憲昭

だから修正って一回目の手術より難しくなってきますので、正直に言えば「僕は治されへんねん、他の先生紹介します」っていう先生なのか、「出来ないけどやってみたい」みたいな感じになってしまうのかちょっと対応違うのかもしれませんけども、大体治せない状況になるってことはないことが多いですね。
殆どのケースで改善はできるという状況なので、焦らず色々な先生のカウンセリングまわって頂いたらなと思います。

山口憲昭

質問ですけども、この眼瞼下垂で作った二重をもともとの目、フラットな状態に戻すことは出来るのか?という話なんですけど、恐らくすごく食い込みが強くて目が開いてないんだろうなと思いますね。
これは手術をして作ってる目の状態や、本来目が持ってる解剖学的な状況とか変わってしまってるから不自然な形になってるんだと思います。

山口憲昭

なのでその部分を修正をして食い込みを浅くするとか、自然な目の開き方になるみたいなのは治せると思います。
ただ一回目の手術でたくさん何かを取られてる場合、要は修正の手術といっても僕らは何かを作り出すってことは出来ないんですよ。
取ってしまったものを再生して増やすってことが出来なくて、形を変えるしか出来ないんですよね。

山口憲昭

なので沢山脂肪を取られ過ぎましたとか、沢山皮膚を取られ過ぎましたとか腱膜ってこの目を開ける部分をすっごい取って、もうギリギリ引っ張ってますみたいな状況になると、これはほんとに修正が難しくなってきます。
方法がないわけではないんですけども、かなり高度な修正ということになってきます。
なので状況を見なければ確実なことは当然言えないわけですが、一般論としてお話しますと、食い込みの深い、ハム目の状態になっちゃった場合はですね、フラットな状態に近づけるというのは可能です。

山口憲昭

傷は残るが食い込みを減らすというところはできます。
完全になくなるのかどうかに関しては、皮膚の状態によっても違うんですけども、目をつぶって顔を近づけて誰かに見せると、傷を切ってるところは分かると思います。

ただ普段の生活、日常生活の中でスッピンになってすごく目立つのというとそこまでではなくて、半年待って頂くとそういう関心のない人にはバレないまではいくのかなと思ってます。
ということで、修正と一口に言っても海から山までありますよぐらい全然違う内容になってきますので、状況によって変わりますが、一般論としては食い込みが深い二重を食い込みの浅い自然な感じのフラットな状態に戻すことは技術的に可能だよという回答になります。

  • まとめはこちらをクリック

    二重全切開手術の後、元の目の状態に戻すことは可能なのか。

    眼瞼下垂の手術で二重全切開をした後、左右非対称になってしまって元の目に戻したいというご相談を受けます。

    綺麗になると思って手術を受けたのに、幅が違って左右差が出てしまうという状況はとてもショックなことと思います。
    この場合、まずは手術を執刀したドクターに相談すべきだと思うのですが、その外科医の方の対応にもよりますよね。

    手術というのは、機械を直すのとはわけが違うので、ある程度の予測はできても実際は中を開けてみないとわからない、時間が経ってみないとわからない、という不確定要素がすごく大きいのです。

    なので左右差が出たりしても、ドクターがわざと変にしようと思ってしたわけではないのですが、リアルにおかしなことになってしまったときに、そのドクターがどういう話をして、修正できるかどうかが重要になってきます。

    修正手術というのは1回目の手術より難易度が上がります。
    なので、この執刀医の方が「自分にはできない」と言うのか、「やってみないとわからない」と言うのかは、定かではありませんが、眼瞼下垂二重全切開の修正は、難しいのですが、治せないことはありません。

    殆どのケースで改善はできるという状況ですが、修正が苦手なドクターもおられるので焦らず色々なドクターのカウンセリングを受けると良いと思います。

    眼瞼下垂全切開で二重にした目を、元々の目に戻せるのか。という件ですが、自然な目の開き方に修正するというのは可能です。

    おそらく、この手術で食い込みがすごく強くて目が開きにくい状況になってしまったのだと思うのですが、なぜそうなってしまったかというと、解剖学的な意味で本来の目の構造より不自然な位置でラインを作ってしまったのだと推測します。

    なので、その食い込みの部分を浅く作り直すとか、自然な目の開きに修正するというのは可能です。
    ただし、1回目の手術で組織をたくさん取られている場合、私たち外科医でも取られたものを新たに作り出すということはできません。

    取ってしまった皮膚を再生するなど、増やすということはできないので、脂肪や皮膚などの組織がたくさん取られてしまっている場合は形を変える事しかできなくなります。

    修正の中でも腱膜という目を開ける部分をすごく取ってしまわれている場合は、もうギリギリ引っ張っていますという状況なので、非常に高度な修正技術が必要となってきます。

    なので診察してみないとわからないのですが、食い込みが深いハム目や左右差は完全に元の目には戻らないが、フラットな状態に近づけることは可能です。

    傷に関しては、皮膚の状態によって違いますが半年ほどすれば、日常生活の中ではバレにくいと思います。

    一言で修正手術と言っても、難易度はピンからキリまであるので状況によって変わりますが、全切開後でも改善することは可能なので、悩まずに相談してみてください。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約