rhinoplasty 隆鼻術

鼻に移植した肋軟骨が
石灰化したらどうする?
鼻先の軟骨が
浮き出てきたらどうする?

山口憲昭

2018年12月末に鼻の手術をしました。
ところが最近になり鼻の軟骨が透けるようになり、CTを取ったところ石灰化しているようでした。
このまま石灰化が進むとどうなりますか?

またマスクが鼻先に当たることによって透けている軟骨が飛び出してくることはありますか?
鼻先にテンションはかかっているのでしょうか?
再オペは必要でしょうか?やるとしたらどんなんですか?
というご質問を頂いています。

山口憲昭

お鼻の手術の話なんですけれども鼻をですね、高くする手術をして、軟骨で手術をしているんだけれども、それがCTを撮ったら石灰化していたという話ですね。

まず問題をいくつかに分けていきますけれども軟骨が石灰化することが問題かどうか。
実は肋軟骨もそうですけれども人間軟骨はどんどん石に変わっていきます。

山口憲昭

これが年齢によって石灰化している率は高くなっていくんですけれども胸にある肋軟骨も中にはめちゃめちゃ石灰化して石みたいになっている人が20代でもいます。

じゃあそういう人たちが何か問題が起きるのといったら問題は起きないので、軟骨自体が石灰化しているというのは大した話じゃないはずですね。
一方、よくプロテーゼを入れていて、袋 被膜があって、そこに石灰化するという場合には、石灰化が原因で問題になる場合あるじゃんという話があるんですけれどもあれは被膜の部分に石がついてボコボコと出てくるんですよね。
中が石になっている話とは違うんですよ。

山口憲昭

なのでこの方の状態が今どうなっているのかって当然診察してみないとわからないんですけれども軟骨が石灰化していること自体は問題はないです。

何だったら鼻の中の軟骨も何もしてない手術していない方でも石灰化している人もいます。

山口憲昭

一方で鼻先の部分がちょっと薄くなって透けて見えているんですけれどもという状態。
これは代償によるところがあってですね、要するに鼻がゆるゆるの状態っていうのは、何も手術していない状態がアジア人ににとって一番ゆるゆるなんですけれどもこれを軟骨を使って鼻先を高くするとか向きを変えるとかした場合に、鼻の皮膚側からすると結構テンションがかかってしまうんですよね。

このテンションが強すぎるとやはり皮膚側は薄くなってきます。

山口憲昭

人工物と違って薄くなってきたからといって軟骨が飛び出すかというと極めて稀で、皮膚が薄くなるがけというだけの話ではあるんですけれども皮膚が薄くなると、例えばお酒を飲んだ時に赤くなった時にここの部分だけ色が違うとかマスクに当たって色が変わってくるとかですね。

そういう話はあります。
だから薄くなっているところが嫌だわという方の場合には、軟骨部分を少し削って、その上の部分に皮膚を厚くするやわらかい組織を足すとかっていう手術があるのにはあります。

山口憲昭

手術してから何年もたってこういった症状が出る方ももちろんおられますので 気になる場合にはまずは手術してもらったところで相談してもらった方がいいとは思いますが、修正を専門でやっているところでは割とよくみる修正術なので、ご相談してもらったらなという風に思います。

人工物はあれですよ、プロテーゼとかこの辺に触れている場合には破れてきます。
何かの拍子に破れてでてきたり。実はですね、人間の体って無菌状態では全然なくて例えば歯磨きをするでしょ、そうすると口の中のばい菌が血液の中に一過性に入るんですよ。
これを一過性菌血症というんですけれども一過性菌血症がですね、人工物の周り?にポンとついたりすると、人工物の周りが感染を起こしたりします。

山口憲昭

で、それがいつも感染を起こさない理由は、免疫ですね。
体がばい菌を食べる機能というのが、血液の中に入ってきたばい菌を食べてという風になっているんですけれども体がごっつ疲れている時とか何か免疫が下がってしまう時には、人工物の周りで感染リスクがグッと上がってきますので、気を付けた方がいいですね。
てことで、ニキビとかもそうですね。

山口憲昭

肌の調子が悪くてニキビができて、中に感染を及ぼす可能性があるし、皮膚の中には全然ばい菌がいないというわけではないということで人工物の場合にはなお注意が必要。

一方自分の組織の場合には生きていますので、組織自体がばい菌がもしついたとしても免疫でやっつけるのもそうだし、お薬を飲んで抗生剤でやっつけるだけで落ち着くというのも多いですから、人工物よりも自分の組織の方が安心感はあると思いますけれどもいずれにしても何かサインがあったときには、診察に行ってお話を聞いてもらった方が安心かなと思います。

  • まとめはこちらをクリック

    鼻に移植した助軟骨が石灰化し、
    鼻先が浮き出てきた場合の対処法

    お鼻の高くしたり形を整える手術を、自家組織の軟骨を使うケースがあります。
    術後しばらくしてCTを撮ったら、移植した軟骨が石灰化していたということがあるのですが、軟骨は石灰化しても問題ありません。

    これは年齢によって石灰化している率が高くなるのですが、20代の方でも助軟骨が石灰化している人はいますし、お鼻のオペを何もしていない人でも鼻の中の軟骨が石灰化していることは普通にあります。

    ただ、お鼻にプロテーゼを使用している場合で石灰化がみられるケース。
    こちらは少々問題で、プロテーゼ周りに被膜ができてそこが石灰化する場合があるのですね。

    そうなるとプロテーゼの周りがボコボコしてくるので、皮膚に浮き上がる感じがしたり、触るとボコボコしたりと、中の影響がない部分が石灰化するのとは話が変わってきます。

    なので診察してみないとはっきり言えませんが、お鼻に入れた軟骨自体が石灰化しているのは問題ありません。

    次に鼻先が浮き出てきたケース。

    これはお鼻の手術を受けた弊害と言いますか、お鼻を高くしたり、向きを調整すると元の皮膚の状態よりテンションがかかってしまい、このテンションが強すぎると皮膚側が薄くなってきます。

    なのでうっすら透けているような感じがしたりするのですが、こちらも軟骨を使用している場合は鼻から飛び出すケースは稀で、皮膚が薄くなることで、お酒を飲んだり、マスクの跡で赤くなることはあると思いますが、問題はないことが多いです。

    皮膚の薄さが気になる場合は、お鼻に入れた軟骨を少し削って、その部分にクッション的な皮膚を厚くするような軟部組織を足す手術もあります。

    こういったケースは手術をしてしばらくしてから出てくるものなので、気になっている場合は手術をしたドクターに相談するべきだと思いますが、修正手術としては割とよくあるケースかなと思います。

    この鼻先が薄くなるケースが、これまたプロテーゼですと破れて出てくることがあるので注意が必要です

    人間の体は無菌状態ではないので、免疫が下がっている時など人工物の周りで感染を起こすことがあり得るのですね。

    自家組織で感染を起こしにくい理由は、免疫が働きますし、仮に組織自体が感染を起こしても抗生剤で落ち着くというのが多いのですが、人工物だと抗生剤が効かず、感染リスクもグッと上がってくるので気をつけなければなりません。

    感染を起こすと皮膚が炎症を起こし腫れてしまい、プロテーゼが飛び出てくるということもあるので、何かそういったサインが見えた時は必ず診察を受けてください。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約