Botox エラボトックス

えらボトックスを打った方から
のご質問

山口憲昭

エラボトックスを25単位ずつ打ちました。
今朝から噛み締めるとボコッと筋肉が盛り上がる感覚があり、鏡で見ると明らかに咬筋部分が盛り上がっています。
ネットで調べると、咬筋以外に注入され、違う部分に効いてるのではないか、適切な深さに注入されてないのではないかと書いてありました。
7年前から定期的にエラボトックスを打って6回目になります。
3回目からこの症状があり、2週間程度経つと気にならなくなります。

今回がかなり咬筋の力が強いから過剰に反応することがあるとおっしゃっているのですが、もしネットに書かれているような事があれば、このまま になり続けることが怖いと思い悩んでいます。
そしてもう1つ、6回も打ってるのに4か月しか効かず、よく聞く、回数を重ねると持久力が上がるというような事は感じられません。
本当にそのような効果はあるのでしょうか?一生打ち続けないといけないのですか?その場合の害はないですか?というお話です。

山口憲昭

要するに、ボトックスを打って、打った直後効果が落ち着くまでの間にポコッと盛り上がるというのは大丈夫ですかというところと、打ったボトックスの持続効果はどうなんですかというのと、何回も打つと長く効く期間が増えますかという質問ですよね。

ボトックスの注射って筋肉の収縮を止めるというか、神経が入ってきた時にピヤーんとアセチルコリンが出るんですけど、そのピヤーんの部分を止めてます。
なので神経が刺激をしても筋肉が動かなくなりますよというのがボトックスの注射になります。
なので、この効果が大体落ち着いてくるのに、人にもよるんですけど、大体3日からかかると1週間ぐらいまでかかってきます。

山口憲昭

この方みたいに2週間位かかってやっと落ち着きますというのもあります。
この間、変な筋肉が痙攣をするとか、残ってる筋肉がおかしな痙攣の動きをするのはあり得る話なので、逆に咬筋に変化が出てるということは、咬筋にボトックスが効いてるのかなと思います。

非常に初心者の方がボトックスを打った場合に、咬筋てめっちゃ深いんですけど、浅い方に打ってしまった時に表情筋の方が止まってしまって咬筋に効かないとかつて聞いたことがあります。
そういう場合は咬筋には何の影響もでないので、この話からすると咬筋にはちゃんと効いているのかなと思います。
一方で、何回も何回も打っていたら持続効果が長くなるかというと、これは必ずしも正しくはなくて、あくまでも今のお話でいくと神経の刺激が入ってきてるんですね。
神経の刺激が入ってきてそれが筋肉に伝わるところをブロックしてますので、神経の刺激が入ってこなくならなければ、ボトックスが効かなくなった途端にやっぱり筋肉は使いだすということになってきます。

山口憲昭

なので、要は筋肉を使わない生活に慣れてるかどうかってことになるんですよね。
噛み締めの癖があるとか、歯ぎしりの癖があるという方の場合はなかなか厳しいのかなと思います。
一方で筋肉のボリュームってとこでいきますと、実はボトックスを打った時には咬筋への作用というのは1ヵ月位かけて徐々に筋肉の量が減ってくるんですね。

これはよく話をします、ムキムキマッチョの人が筋トレをしなくなると筋肉が減りますよという話をしてるんですけど、筋トレやめてもすぐには痩せないですよね。
ちょっとずつちょっとずつ減っていくんですね。

山口憲昭

なので、繰り返し繰り返し打たれる方というのは、筋肉量がかなり減ってますので、すぐにパーンって戻るというより、徐々に徐々に戻ってきますよというところにタイムラグとして感じる部分にはなってきます。
一方で、ボトックスは繰り返し繰り返し打つことによって、使ってるボトックスの種類によってタンパク負荷といって、色んなタンパク質が入ってることによって抗体産生といって ボトックスに対して体が攻撃を始めてしまうということがあり得るんですね。
なので一般的なボトックスを使用している場合には、長い期間使っていたり、もしくは一度に沢山のボトックスを使っているとその抗体発生のリスクが上がると言われています。
世の中には、そのタンパク負荷が少ない『ゼオミン』ってやつですね。

ドイツのボトックスですけど、タンパクが入ってる量が少ないので、抗体産生が少ないよと言われているようなボトックスもありますが、一般的に皆さんが使われているものアメリカ製のアラガン社のものだったり、韓国からやってきてるものだったりとかありますので、そういうものは、抗体発生しやすいと理解してもらえばいいです。

山口憲昭

なので長く使っていった場合にだんだん効いてる期間が短くなってきているとか、なんかそもそも1回打った時の効果が弱くなってきてる気がするみたいなのは、そういう抗体産生の可能性がありますよというふうに理解してもらえばいいかなと思います。
一生打ち続けるのはしんどいよって場合なんですけど、この場合は咬筋自体を物理的に委縮させるという方法で、物理的に取っちゃうとか、熱のエネルギーで筋肉を焼いちゃうとかいう方法があります。
実際韓国なんかでは施術の値段が安くなりすぎて、ボトックス打つ方が高いってことになって、施術で咬筋を焼いてしまうという方法がむしろ安くなってるという状況になってます。

なので咬筋を焼くというのは一つの選択肢としてはあるかなと思いますが、ただし一度焼いてしまった筋肉は元に戻らないので、ボトックスの可逆性、元に戻れるよというのはちょっと話が違ってきますので、その辺を注意した方がいいかなと思います。

  • まとめはこちらをクリック

    エラボトックスを打った直後の異変と、
    効果の持続期間の話

    ボトックスとはボツリヌストキシン(ボツリヌス菌のタンパク質)を薬剤として加工したもので、ボトックスという名称は米国のアラガン社「ボトックス」という製品名なのですね。
    同じボツリヌストキシンでも製造国やメーカーによって名前が違います。

    ここではよく使われているボトックスという名前で説明していきますね。

    ボトックスの注射とは神経に入った際にアセチルコリン放出制限により神経への伝達を弱め、筋肉を収縮させる信号を阻害して筋肉の動きを抑制し、弛緩させる効果があります。

    なので神経が刺激しても筋肉が動かなくなりますよ。という効果のある施術です。

    さて、ボトックスを打った直後に効果が落ち着くまでの間、ぽこっと咬筋あたりが盛り上がってしまったり、痙攣したりと不安になる方がおられます。
    タイトルの異変というのは少し大げさですが、筋肉の動きの不快感ですね。

    ボトックスを注射してから大体効果が現れて落ち着くまでに約3日〜1週間ほどかかると言われていますが、中には2週間くらいかかるという方もおられます。 この間は、打った周りの筋肉が痙攣するとか、効果ができっていない部分の筋肉がおかしな動きをするのはあり得る話なので、逆に咬筋に変化、異変が出ているということは、きちんと咬筋にボトックスが効いていると考えられます。

    咬筋はお顔の筋肉の深い場所に位置するので、初心者ドクターがボトックスを打った際に、浅い部分に打ってしまって咬筋ではなく表情筋の方が止まってしまったという話を聞いたことがあります。

    表情筋に効いてしまった場合は咬筋には何の影響も出ないので、咬筋がボコッと盛り上がったり、咬筋周りが痙攣するというのは、きちんと咬筋に作用していると言えるでしょう。

    効果の持続に関しては、何回も何回も打っていたら持続効果が長くなるのか。という質問もよくいただきますが、必ずしも効果が長くなるとは言えません。

    ボトックスは神経の伝達、刺激を止める薬剤です。 神経の刺激というのはいわゆる噛み締めたり、力をかけなさいよ。という命令の意味で、それが筋肉に伝わるところをブロックしているのがボトックス。

    なのでボトックスの効かなくなった頃に、再び筋肉に力をかけなさいよ。という指令が伝達されてしまうと、またその部分の筋肉を使うようになってしまうのです。

    なのでボトックスが効いている間に、いかにその筋肉を使わない生活に慣れるか。も重要になります。

    噛み締めの癖があったり、歯ぎしりの癖がある方は無意識に指令を出しているのでつい力をかけてしまうのでなかなか難しいのではないでしょうか。
    なので根本にある噛み締め癖や、歯ぎしりの対策を考える必要も出てきます。

    一方で筋肉のボリュームのお話ですと、咬筋にボトックスを打った後、1ヶ月くらいかけながら徐々に筋肉の量が減ってくる作用があります。

    これはボディービルダーの方や、若い時にしっかり運動されていた方など、筋トレをしなくなると筋肉が減ってきますよね。でも筋トレをやめたからと言ってすぐにその筋肉がなくなるわけではない。
    徐々に減ってくるわけです。

    なので繰り返しボトックスを打たれる方は、その部分の筋肉量はかなり減っていますから、打つ期間が開いてもすぐに咬筋が戻らない期間がある…というこのタイムラグが、効果の持続期間の個人差として感じられる部分ではあります。

    またボトックスには、使っているボトックスの種類によってタンパク負荷が起こり、ボトックスに対して攻撃をはじめてしまい耐性ができて効かなくなってしまうことがあります。

    一般的なボトックスを使用している場合は、長い期間使っていたり、一度にたくさんの量を使用していると、その抗体発生のリスクが上がると言われていて、これは含有されている複合タンパクによる反応であるという説が有力とされています。

    ピュアなトキシンだとこの反応が見られないことから、タンパク負荷が少ないボトックス(ボツリヌストキシン)を選ぶというのもあります。

    ドイツ製の「ゼオミン」です。

    このゼオミンはタンパク含有量が少ないので、抗体産生が少ないと言われておりますが、取り扱っているクリニックも少ないのですよね。

    一般的に皆さんが使っておられるのはアメリカ製か韓国製だと思いますので、そういうものは長期使用や量が多いと抗体発生しやすい。ということです。

    なので、効いている期間が短くなってきたと感じる方は、抗体産生がおきている可能性があります。

    さて、ボトックスを一生打ち続けるのは…。と抵抗がある場合に、咬筋を物理的に萎縮させる方法があります。
    手術で切り取ってしまうとか、熱エネルギーで咬筋を焼いてしまうとか。

    韓国では咬筋を焼いてしまうという施術の方がボトックスを打つより安いという状況になっています。

    なので咬筋を焼くという施術は選択肢のひとつだと思いますが、一度焼いてしまうと筋肉は元に戻りません。
    ボトックスの元に戻れるよ。という可逆性とはまた少し変わってくるので、咬筋を無くしたいとお考えの方は、双方のメリットデメリットをよく注視すべきだと思います。

骨の施術をもっと確認する

ページタイトル

この施術を見る

ページタイトル

この施術を見る

関連ページ

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約