QUSETION よくあるご質問4

鼻の整形(鼻形成)の種類について

鼻の形を決めるのは、大きく分けて4つ(小鼻、鼻尖、鼻の長さ、鼻背の形と高さ)に分けることができます。

1.小鼻を小さくしたい(小鼻縮小)

小鼻は、「あぐら鼻」で代表される両脇の構造です。小鼻縮小といっても、正面からみた小鼻の幅を小さくする手術(小鼻幅縮小)と小鼻の張り出し(鼻翼)を小さくする鼻翼縮小、また小鼻の位置を変える鼻翼挙上術などの施術があります。

2.1.正面からみた小鼻の幅を小さくする(小鼻幅縮小)

小鼻幅縮小は、要するに正面から見た時の小鼻の横幅で、正確には小鼻の立ち上がるポイントの幅と、小鼻が一番膨らんだ部分の幅に分けられます。
いずれにせよ、理想的な小鼻の幅は、目頭のラインを垂直に下ろした直線の間に鼻が治るのが存在感のない小鼻ということになります。

1.2.鼻の張り出し(鼻翼)を小さくする(鼻翼縮小)

一方小鼻の正面から見た幅はそれほど広がっていないが、鼻翼の巻き込みが強かったり外への張り出しがつよかったりすることがあります。
これは、鼻翼という部分が縦にも横にも理想よりも長い可能性があります。鼻翼がその時の通り、鼻の翼(つばさ)なわけですが、鼻という鳥にとって、あまり大きな翼は存在感があるという表現となり、タカのような大きな翼は必要ありません。
めざすはツバメのようなコンパクトな翼が理想的です。

1.3.小鼻の位置を変える(鼻翼挙上術)

小鼻の位置は、鼻尖や鼻柱といった中央部分の構造とのバランスで理想的な配置が決まります。
例えば、鼻柱を下げることで、小鼻が相対的に上がるように見えることもありますし、鼻柱を変えずに小鼻を上げてバランスをとるということもあります。通常、側面から見た時に小鼻よりも鼻柱の方が1-2mm見えている状態が理想的とされています。

2.上向きの鼻を下に向けたい

鼻を下に向けたいというご希望の場合、鼻先(鼻尖)を伸ばしたい場合と、鼻の真ん中の部分(鼻柱(びちゅう))を下げたい場合があります。いずれもしてもお鼻の基礎工事を行う必要があります。
また、もともとの軟骨の支えが弱いことが多く、他の部分から基礎工事をする材料を取ってくる必要があります。

2.1.鼻先(鼻尖)を伸ばす

鼻尖を伸ばすというのは、要するに「鼻の頭を伸ばす」ということになります。この場合、前方へ伸ばせば、ツンとした印象となりますし、下に伸ばせば魔女鼻になります。
また、鼻が丸い、団子鼻の方の場合、この鼻先の位置が沈んでいるために丸く見えることがあります。
そのため、鼻先をいずれかの方向に伸ばすことでより自然でバランスのとれた鼻先を造形することができます。

鼻の真ん中の部分(鼻中)を下げる

鼻柱を下げるというのは、正面から見た時に鼻翼の付け根(基部)どうしをつないだ線と鼻柱の関係(Alar-columellar relationship: ACR)を理解する必要があります。このACRは鼻柱が鼻翼基部よりも下に長い状態を良好なACRと言います。

一方で、鼻柱の方が短くて奥まっている場合、ACRが不良ということになります、この場合、鼻柱そのものを下に伸ばしてACRを改善することを目指します。具体的には、鼻中隔軟骨の尾側端が短く大鼻翼軟骨の内側脚が奥まっていることが多いため、鼻中隔をしっかりと延長し大鼻翼軟骨を下へ押し下げる必要があります。

3.段鼻(だんばな)・鷲鼻(わしばな)を治したい

鼻筋に段差のある段鼻、ワシのように飛び出ている鷲鼻、これらは医学用語ではハンプといいます。このハンプ実はお鼻の骨と軟骨のつなぎ目であることが多く、どちらの影響もあって、ハンプがあるわけです。

そのため、骨性ハンプ、軟骨性ハンプといったりします。このハンプ治療、素人さんの発想としたら、削ればいいやん、と考えがちですが、実はそう簡単にいきません。

なぜなら、ハンプそのものの厚みは厚いところで2-3mmしかないわけです。なので、全部削ってもそれだけしか変わりません。さらに正面からみると、ハンプを削ると何が起きるかというと、なんと鼻筋が太くなっていきます。
これが困ります。
横から見てきれいでも正面からみたら太い鼻筋になったのでは、綺麗になったとは言えませんね。
というわけで、程度によっては、鼻骨を同時に切る方法や、プロテーゼを乗せる方法、軟骨を移植して段差を目立たなくする方法など、いろんな手技を複合的に組み合わせて綺麗に仕上げます。

4.団子鼻(鼻尖)を治したい

団子鼻を検索すると500万件以上ヒットする、一般用語の団子鼻ですが、実は、原因が3つのタイプに分かれます。軟骨タイプ、皮膚タイプ、混合タイプです。

4.1.軟骨タイプ

軟骨タイプというのが、いわゆるboxy nose(箱鼻)といわれるもので、海外の人の鼻先が大きい理由です。これは、皮膚は薄いいけど、軟骨が拡がっていて鼻先が大きく見えるタイプです。

4.2.皮膚タイプ

皮膚タイプというのは、我々アジア人や黒人種の方に多く見られ、軟骨はへにゃへにゃだけど、上に乗ったっている皮膚が分厚くてまん丸という形です。多くの方は、指で押すと鼻先がぐにゃっと沈みます。

4.3。混合タイプ

最後は、この2つのタイプが混合しているタイプです。軟骨のサイズもあるし、皮膚も分厚いという形です。

4.4.団子鼻治療の最大のポイント

この3つの原因を診察で見抜き、原因をはっきりさせた状態で手術を受けるということになります。というのも、美容外科の教科書を開いても、「鼻尖形成」は鼻先の軟骨を糸で結んで細くする、、、といった説明がなされています。
しかし、これは西洋の教科書で書かれたものを日本語に翻訳したためにこうなった誤謬で、実はタイプ1の軟骨由来のboxy noseの治療なわけです。

つまり、タイプ2の皮膚が厚くて、軟骨ヘニャヘニャの人に鼻尖形成だけをしてももちろん、鼻先の細さは出ない上に、むしろ軟骨の支持が弱いため、変形してしまったりするわけです。
そのため、タイプ2、3のお鼻をシュッと細く、高く見せるとなると、軟骨の支持構造を変えると同時に分厚い皮膚をどうやって薄く見せるか、という工夫を凝らす必要があるわけです。
この辺りが経験値の差がでてくるところになります。

5.鼻を高くしたい(隆鼻術)

鼻筋を高くするというのは、いわゆるメガネがあたる鼻背(びはい)という部分が高くなることを指します。アジア人において鼻が一番低い位置(セリオン)は、正面を向いたときの黒目の中央を結んだ線上とされています。
一方西洋人では、黒目の上端をつないだ線上が鼻が始まる理想的なセリオンとされます。これを基準に正面におけるEライン(眉頭と鼻尖へ抜ける曲線)を意識して鼻筋を作るわけです。

5.1.鼻を高くするための4つの方法

まずはお試しで見てみたいヒアルロン酸と半永久の効果を期待する人工物、自家組織による隆鼻術、糸を使った隆鼻術があります。

5.1.1.ヒアルロン酸でメリハリをつけられる

ヒアルロン酸は、体のいたるところに存在する高分子です。このヒアルロン酸を長く長く数珠つなぎにして粘度を高くしたものが注入用のヒアルロン酸になります。
このヒアルロン酸の最大のメリットは、気に入らなければすぐに溶かすことができる、というものです。

ヒアルロン酸をオリゴ糖に分解するヒアルロニダーゼという酵素を注射すると直後から粘度が下がり、周囲に吸収されていきます。
ただし、注入剤で簡便といったメリットの反面、血管内へ謝って注入された場合に、塞栓症といって、皮膚が黒く壊死したり、極めてまれに失明するという報告もあります。
そのため、適切な注入方法でゆっくりと注入し、強い痛みが突然出た場合には、すぐに溶かす処置をする必要があります。

5.1.2.プロテーゼで自然に見せる

プロテーゼには、シリコンプロテーゼとePTFE(ゴアテックス)プロテーゼがあります。これらの人工素材でも土台の構造を丁寧に把握し、形を削り込むことで明らかな異物感を見せないようにすることも可能です。

5.1.3.自分の組織だけで鼻を高くする

また、自分の組織だけで鼻を高くする方法もあります。それぞれの違いについては、「劣化する不安」の項に詳細を記載しています。ご参考にしてください。

5.1.4.糸を使った鼻の整形(鼻形成)

糸による施術は、鼻筋を出すための糸と、鼻先のツンと感を出す糸があります。これらは、液体でないため、ヒアルロン酸のような血管への障害はありません。
しかし、硬いが故に、鼻下3分の1の動くべき部分に糸を入れると、日常生活の中で飛び出てきたり、痛みを感じることがあります。そのため、適切な層に適切な長さで挿入して予防に努める必要があります。

6.鼻の整形(鼻形成)失敗、、
他医院での修正をしたい

鼻の施術で失敗したという口コミやSNSでの発信はたくさんあります。これらを大別すると3種類に分類されます。1つは、主観的な不満足、2つ目が客観的な失敗、そして3つ目が不可避である合併症です。

6.1.主観的な不満足

主観的な不満足というのは、患者さんのイメージと外科医のイメージがずれており、外科医がうまくいった、もしくは安全にできるのはこの程度という結果に対して、患者さんが私の希望と違う、顔に似合っていない、などの結果となります。
この問題を解決する方法としては、術前のカウンセリングできちんと会話すること、またそれをシミュレーションなどのツールを駆使してイメージを共有しておくことが重要です。

6.2.客観的な失敗

客観的な失敗というのは、大きく歪んでしまっている、形がいびつ、皮膚に穴が開いている、傷が段違いになっている、などです。これらは丁寧な施術をすれば回避できたであろうものを指します。

6.3.不可避である合併症

不可避である合併症というのは、「感染」や「異物反応」、「傷の治癒遅延」など、まれではあるが、一定の頻度で生じるものです。これは医学的には失敗ではありません。なぜならば、予防をしていても生じる問題だからです。
それは例えるならば、交通事故のようなものです。事故に起こる可能性は皆認識はしているが、自分が事故にあるとは考えていないわけです。

しかし、交通ルールを守り、予備知識をつけて予防していても一定の頻度で事故は生じます。そういった不確定な要素を排除しようとすると、家にこもって道にでない、という選択になるわけです。

6.4.2回目以降の手術について

このように、失敗とされるものには、いくつかの種類がありますが、いずれにしても患者さんは不満足となるわけです。ここで、これらの問題を起こしてしまったあとに、お鼻を治す、という場合、1度目の手術とは似て非なるものであることが知っておく必要があります。
というのは、お鼻の手術は1度目の手術は、組織の血流も安定しており、しなやかさも保たれており、あなたのお鼻においてベストコンディションが整っています。

一方で、2回目以降の手術となると、お鼻の中は瘢痕という組織で癒着しており、炎症に伴う軟骨や皮膚の萎縮を生じ、作りたい形をつくるのに邪魔がたくさんいることになります。
これらの要素を丁寧に排除して、そしてその邪魔に負けないようにしっかりと作る必要があるため、さまざまなテクニックと工夫が必要になります。そのため、他院修正をきちんとできる外科医ということがドクター選びにおいて、ひとつのステータスということになります。

7.鼻の整形(鼻形成)で
切らないこともできる?

お鼻の治療の中で切らない施術というのが、鼻筋へのヒアルロン酸の注入や糸の挿入、鼻先や小鼻に糸を入れて引き締める方法があります。
いずれも永久の効果はありませんが、使い方によっては、ダウンタイムも短くとても効果的な治療となります。

RESERVATIONWEB予約

※電話によるご予約は承っておりません
治療などのご相談などはこちら
24時間WEB予約